コンビニのタバコで安いのはこれ!銘柄紹介!

コンビニタバコフォルテお金

安いタバコを色々教えてほしい!

コンビニのタバコの中で一番安いのはどれ?

コストパフォーマンスが良いタバコは?

日常で消費するタバコだから、コストが抑えられれば嬉しいですよね。

一口に安いと言っても

一本当たりが安い

購入単価=一箱当たりが安い

一本の葉の量に対してのコスパが良い

色んな安さがあり、安いタバコにもいくつか種類があります。

 

コンビニの安いタバコについてこちらの記事をご覧いただき、ありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

この記事では、色々種類のあるタバコの安さから

・2019年10月タバコ値上げ後の銘柄比較

・安いタバコ一覧

・【葉巻】という区分で安さを実現したフォルテ

・フォルテと同じリトルシガーで女性向けのハーベスト

・クールの新作にもリトルシガー

・非メンソールのリトルシガー|ラッキーストライクフィルターシガリロ

・同じ大きさで値段が安いウェスト

・レギュラータバコ最安値の一つラッキーストライクエキスパートカット

・ロングセラーブランドから安い値段で新発売キャメルライト

・19本入りで一箱単価が安いタバコ

・【番外編】燃焼時間の長いアメスピ(コストパフォーマンスが良い)

以上の内容でご紹介しています。

パッケージの写真もご紹介していますが、大きさ比較のためにセブンスターと並べております^^

基本的に20本入りで一箱400円以下のタバコを選んでみました。

2019年10月タバコ値上げ後の銘柄比較

タバコ値上げ対策

まずは、2019年10月値上げ状況から見ていきます。

細かい銘柄まで記載すると膨大な量になりますので、大きなシリーズ名毎の値上げ後価格を表にしています。

主要なシリーズの値上げ額は、10円20円かの2種類です。

シリーズ名 値上げ後価格 値上げ額
マールボロヒートスティック(アイコス) 520円 20円
マールボロ 520円 10円
ラーク 460円 10円
パーラメントロング 540円 10円
パーラメント 500円 10円
バージニアエス 490円 10円
メビウス 490円 10円
セブンスター 510円 10円
アメリカンスピリット 530円 10円
ピース(アロマ・インフィニティ等除く) 510円 10円
ホープ(10本入) 260円 20円(20本換算)
ピアニッシモ 490円 10円
プルームテックエス 490円 10円
ケント 460円 10円
クール 490円 10円
ラッキーストライク 520円 20円
ケントネオ(グロー) 500円 10円
JPS 480円 20円

ご覧のように、普通のタバコは490円~520円になっています。

ラーク・ケントが460円と低価格帯

アメリカンスピリットの530円、パーラメントロングの540円が高価格帯という分布になっていますね。

値上げ幅ではアイコスヒートスティック、ラッキーストライク、JPSが20円値上げとなっています。

また、10本入りで10円値上げというホープが20本換算では20円値上げです。

これに対して、値上げがないタバコもいくつかあり

特に、安いタバコが値上げされない傾向がありました。

では、それらの安いタバコについて、詳しくご紹介していきます。

 

安いタバコ一覧

コンビニATM振込リスト

リトルシガー

リトルシガーとは、紙ではなくタバコ葉を加工したペーパーで巻いてあるタバコです。

形状は紙巻きタバコと同じですが、区分は葉巻という扱いです。

葉巻のタバコ税のかかり方の違いによって安さを実現しているのがリトルシガーなんです。

タバコ500円時代に安いタバコの需要が高まり、近年コンビニでも取り扱いが増えています。

一箱の安さで言えば、リトルシガーが最も安いタバコの一群となっています。

リトルシガー

リトルシガーとは税金の違いで安いタバコ!コンビニで買える種類も

以下、具体的な銘柄の一覧です。

銘柄名 2019年値上げ後価格 2019年値上げ額
フォルテ 270円 0円
ハーベスト 360円 0円
クールループド 360円 10円
ラッキーストライクフィルターシガリロ 360円 10円

 

わかばシガー・エコーシガー

旧3級品は長らく安いタバコとして普及していました。

その安さは、タバコ税が軽減されていたからの安さだったんですが

2019年10月1日でこのタバコ税軽減が完全に撤廃されました。

同じままの商品で販売すれば、今回の値上げで90円値上げとなってしまいます。

  • エコー 440円
  • わかば 450円

これを避けるために、旧3級品でも人気の高い2銘柄エコーとわかばは

商品自体を仕様変更、リトルシガーとしてリニューアルされました。

これによって2019年10月以降も

エコーシガー・わかばシガーは価格据え置きで、安いタバコの一角を担い続けます。

銘柄名 2019年値上げ後価格 2019年値上げ額
エコーシガー 350円 0円
わかばシガー 360円 0円

 

400円のレギュラータバコ

リトルシガーは安さを追求するため、タバコ自体は細い・短いというものが多いです。

普通のサイズのタバコで安いのはどれなのか?

紙巻きタバコのレギュラーサイズで最も安いのは、以下の3シリーズで400円のタバコとなります。

銘柄名 2019年値上げ後価格 2019年値上げ額
ウェスト 400円 0円
ラッキーストライクエキスパートカット 400円 0円
キャメルライト 400円 0円

 

また、番外編として19本入で390円という中途半端なタバコがあります笑

それが、ラークスマートプラスシリーズです。

通常のラークは今回値上げされて450円が460円となりますが

ラークスマートプラスは価格据え置きで、390円を維持します。これも安いタバコの一つと言えますね。

メジャーな銘柄で値上げがなかったタバコ

2018年10月から450円で販売されてきた

ラークやケントと並ぶメジャーな銘柄でも値上げがないタバコがあります。

ウィンストンとハイライトです。

ウィンストンと言うと幅広いですが、キャスターとキャビンもこれに含まれています。

ラーク・ケントは10円値上げで460円となりますが

キャスター・キャビン・ハイライトは据え置きで450円となっています。

 

以上、見てきたようにこれまで安いタバコは価格据え置きが多く

タバコ市場全体では、安いタバコと高いタバコの格差が広がったという印象ですね。

では、ここからは安いタバコそれぞれの詳細を見ていきましょう!

 

【葉巻】という区分で安さを実現したフォルテ

 

コンビニタバコ安いフォルテシリーズ

フォルテ 270円

20本入りで270円は最安値!

2016年に登場したフォルテシリーズは20本入りで270円という安さです。

これは、現状でコンビニに置いてあるタバコの中では最安値です。

ただし、サイズ的には小ぶりで、ショートホープよりも少し大きい程度の箱です。

フォルテが安いのは【葉巻】だから

旧3級品の値上がりなど、タバコが高くなっていくという状況です。

この中で安いタバコのニーズを満たすために発売されたフォルテ。

これは、紙巻きタバコとは違う【葉巻】という区分での販売による安さの実現でした。

紙巻きタバコは、1本につきいくらというタバコ税のかかり方をしています。

なので同じ本数入ったタバコだと販売価格に差が出しにくいのです。

これに対して葉巻は、使用されている葉のグラムに応じていくらというタバコ税です。

フォルテが安いのは、このタバコ税のかかり方の違いをうまく使っているからというワケです。

フォルテについて、詳しくはコンビニタバコではフォルテが一番安い|一箱270円の理由とはも是非どうぞ!

コンビニタバコフォルテ

コンビニタバコではフォルテが一番安い|一箱270円の理由とは

 

リトルシガーについての情報も詳しく別途まとめています。

フォルテを含むリトルシガーについて知りたい方はこちらをどうぞ!

リトルシガー

リトルシガーとは税金の違いで安いタバコ!コンビニで買える種類も

 

フォルテと同じリトルシガーで女性向けのハーベスト

女性タバコ銘柄ハーベストスーパースリム

ハーベスト 360円

フォルテと同じリトルシガー

【葉巻】という区分で販売することで、タバコ税のかかり方の差を利用した安さを実現。

これらのタバコは、リトルシガーと呼ばれています。

コンビニで販売中のリトルシガーではフォルテの知名度が上がっています。

ハーベストはこのリトルシガーでも女性向けというのを意識した商品です。

特徴はスリム・甘さ・安さ

女性向けリトルシガーということで、その特徴はスリムタイプであるということが第一。

そしてチェリーバニラといったフレーバーやフィルターにも甘みが加えられているなど

その味わいも女性向けに特化しています。

そしてリトルシガーのメリットである安さ

20本入で360円という値段です。

ハーベストシリーズのラインナップや類型商品との比較など

女性向けタバコ銘柄にもリトルシガーという選択肢|ハーベストにより詳しくご紹介しています!

 

クールの新作にもリトルシガー

クールループド新作

クールループド 360円

BATが発売したリトルシガー

日本において、外国たばこの中でメジャーな銘柄である

ケントクールのメーカーであるBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)

そのクールにラインナップされたリトルシガークールループドです。

 

スリムタイプのキングサイズでメンソール

クールというのはメンソールのみのブランドなので、クールループドもメンソールのみです。

タールは8mgと5mg

太さはスリムタイプですが、サイズはキングサイズ(いわゆるショート)と普通のタバコと同じサイズになっています。

クールで言えば、クールナノブリザードと同じ大きさですね。

クールループドの詳しい紹介は、クールタバコ新作ループド350円を紹介|同系統と比較もしてみた

クールループド新作

クールタバコ新作ループド350円を紹介|同系統と比較もしてみた

フォルテやマールボロブラックメンソールエッジとも比較してクールループドの特徴を明確にしています。

興味のある方は是非ご覧ください^^

 

非メンソールのリトルシガー|ラッキーストライクフィルターシガリロ

ラッキーストライクフィルターシガリロ

ラッキーストライクフィルターシガリロ 360円

クールループドの姉妹品?

クールループドと同じくBAT社が発売したラッキーストライクフィルターシガリロ。

値段もサイズも、クールループドと同じです。

紙巻きタバコでメジャーなブランド・クールと同じくラッキーストライクから発売されたリトルシガーです。

 

メンソールのクール・非メンソールのラッキーストライク

クールはブランドの特性上メンソールだけです。

BATの非メンソールリトルシガーというのが、ラッキーストライクフィルターシガリロの立ち位置ですね。

詳しくはラッキーストライクシガリロを紹介|肺喫煙ができて葉巻だから安いでもご紹介しています。

是非ご覧ください^^

ラッキーストライクフィルターシガリロ

ラッキーストライクシガリロを紹介|肺喫煙ができて葉巻だから安い

 

同じ大きさで値段が安いウェスト

コンビニタバコ安いウェスト

ウェストシリーズ 400円

ドイツのタバコで日本では2011年発売

ウェストシリーズはドイツのタバコ銘柄で、日本では2011年から販売されています。

なかなか知名度が上がってこない銘柄ですが、昨今のタバコの値上がりで、安いタバコとして徐々に認知度が上がってきています。

同じ大きさで安い

上記でも述べていますが、タバコ税が本数に応じてかかるので、同じ本数だと価格差が出にくいです。

なので、安いタバコは大体小ぶりなタバコが多いんですが、ウェストは同じサイズで価格が安いです。

これはメーカーの戦略で、ウェストブランドを浸透させるために安い価格で売り出しているということのようです。

つまりウェストは、外国では安いタバコではないということです。

そう考えると、本来普通のタバコなのに日本限定で安く買えるという見方もできますね。

 

レギュラータバコ最安値の一つラッキーストライクエキスパートカット

コンビニタバコ安いエキスパートカット

ラッキーストライクエキスパートカットシリーズ 400円

安さを意識した値段の新しいラッキーストライク

古くから続く外国たばこのラッキーストライクシリーズから

2017年8月に発売された新しい商品です。

20本入でレギュラーサイズながら、400円という安さを意識した価格設定になっています。

上の商品画像では、本家(?)のラッキーストライクと比較しています。

 

特徴と注意しておくべきこと

その特徴はバージニア葉を使用していて、葉を細かく刻んであるという製法にあります。

この製法がエキスパートカットという名称の由来ですね。

ラインナップは3種類、タール別で14mg、10mg、6mgです。

注意点として、製法がラッキーストライクのレギュラー品とは違うので、味わいも別物という声が多いです。

 

400円という値段

2018年10月以降は400円という値段が安いタバコの基準になっています。

400円未満の商品では

・19本入タバコ (1本少ない入数)

・リトルシガー  (葉巻という区分)

と、別の理由で安く販売されている商品しかありません。

20本入レギュラーのタバコの最安値は400円となります。

 

ロングセラーブランドから安い値段で新発売キャメルライト

コンビニタバコ安いキャメルライト

キャメルライトシリーズ 400円

キャメルブランドについて

キャメルというブランドも古くからあるブランドです。

元々はアメリカのタバコでしたが、現在は日本たばこが買収し、日本たばこに製造販売されています

安さをウリにして発売されたキャメルライト

キャメルという長い歴史をもつブランドですが

キャメルライト2018年6月に発売された、新しい商品です。

20本入レギュラー400円という値段となっています。

ラッキーストライクエキスパートカットと同じような戦略の商品ですね。

キャメルライトの特徴・種類・タール数

キャメルライトは、ナッツ風の香りというのが特徴のタバコです。

ラインナップはレギュラーとメンソールの2種類

キャメルライト

キャメルメンソールライト

タール数はレギュラーが6mgメンソールは5mgとなっています。

値上げ後の市場ではレギュラー最安値の一端

ラッキーストライクエキスパートカットの項でも触れた通り

2018年10月以降は400円レギュラータバコ最安値となります。

キャメルライトも値上げで400円となり、この一角を担います。

まとめると、レギュラーで400円のタバコは以下の3ブランドになるワケですね。

・ウェストシリーズ

・ラッキーストライクエキスパートカットシリーズ

・キャメルライトシリーズ

19本入りで一箱単価が安いタバコ

コンビニタバコ安いスマートプラス&Dシリーズ

ラーク スマートプラスシリーズ 390円

19本入りのタバコ

タバコの箱当たりの金額を抑える戦略で、メーカーは19本入りのタバコを発売しています。

19本入りで390円と、400円を切る金額で購入できるのがその魅力です。

ただ、コンビニ店員として販売している感覚ですが、あんまりお客様の指示は得られていないように感じます。

特に、ラークのスマートプラスはメーカーさんが積極的にキャンペーン展開していますが

それでも販売ランクでは、そんなに上位には入ってきていません。

ケントのDシリーズはもっと売れていない印象です。

追記:ケントDシリーズは終売となっています。やはりウチ以外でも売れなかったのでしょうか^^;

20本入り換算すると約410円

ちなみに、本数当たりで計算してみると以下のようになります。

まず1本あたりの単価が約20.53円。(390÷19=20.53)

これを20本入り換算すると410.6円になります。 (20.53×20=410.6)

20本入り換算すると410円強

ラーク、ケントの20本入りは一箱450円なので、箱あたり約40円安いという計算になります。

【番外編】燃焼時間の長いアメスピ(コストパフォーマンスが良い)

コンビニタバコ安いアメリカンスピリッツ

アメリカンスピリットシリーズ 530円

葉が多く、燃焼剤が少ないので燃焼時間が長い

アメリカンスピリットは無添加のタバコというのが謳い文句です。

タバコには燃焼剤というのが入っていて、燃焼が促進されているそうです。

アメリカンスピリットにはこの燃焼剤も少ないので

他のタバコと比べるとかなり長時吸えるという特徴があります。

また、タバコ葉が他のタバコと比較してぎっしり詰められています。

このことはアメリカンスピリットのパッケージ側面にも記載されていて、それによると

同サイズの上位20品目の平均と比較して、タバコ葉を約25%多く使用しているとのことです。

コンビニタバコ安いアメスピ側面

一箱520円と単価は高めですが、コストパフォーマンスが良いということで、一番お得とも言われていますね。

昔は置いてあるコンビニも少なかったですが、最近は多くのコンビニで品揃えされていますね。

 

いかがでしたか?

270円のフォルテから300円台のタバコ、コスパ最強と言われるアメリカンスピリットまでご紹介してきました。

一口に安いタバコと言っても様々な観点からの安さがあるということが分かりましたね。

 

当サイトでは、コンビニのタバコについて、以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニタバコ番号統一

コンビニのタバコについてのまとめ

コンビニのタバコについてのまとめ

ラッキーストライクシガリロを紹介|肺喫煙ができて葉巻だから安い

リトルシガーとは税金の違いで安いタバコ!コンビニで買える種類も

クールタバコ新作ループド350円を紹介|同系統と比較もしてみた

ウィンストンというタバコの種類が多すぎるので分かりやすくご紹介

コンビニタバコをクレジットカードで買うメリットはデカい!

400円タバコが一番安い?270円も?2018年値上げ後の値段

キャスターはこんなタバコ!人気の種類を販売実績からご紹介

女性向けタバコ銘柄にもリトルシガーという選択肢|ハーベスト

ショートピース手軽に買いたい|近所のコンビニに置いてもらう方法

コンビニのタバコランキングを経営者が発表!

コンビニのタバコの売上割合と直近の販売額も好調な理由

コンビニでのタバコ返品交換の可否はお店次第

コンビニタバコで10本入りを買うメリットは?種類は?

コンビニで番号バラバラ|タバコの呼び方を覚えるにはココを見ろ!

コンビニのタバコで弱い銘柄は女性におススメ!

コンビニのタバコ1ミリの販売数上位銘柄|経営者ブログ

コンビニのタバコで安いのはこれ!銘柄紹介!

コンビニタバコのエコーとわかばはどっちがお得?

コンビニタバコのわかばは値上げして美味しくなった!

コンビニタバコのフォルテとは?圧倒的安さは一見の価値あり!

コンビニでタバコの買い方にタスポは必要?役立つの?現場の声

コンビニでのタバコの買い方とお得に買う方法

コンビニでのタバコの入荷曜日や時間帯を経営者が紹介

コンビニで加熱式タバコアイコスを効率良く入手する方法

コンビニでタバコを買う時の年齢確認ボタンは強制ではない

コンビニタバコカートン買いは予約がおススメ

コンビニでタバコをカートン買いしてライターをもらう為にするべきこと

コンビニでのタバコ購入時にポイントをもらう方法

コンビニでタバコの番号が見えない時の注文方法と銘柄を覚えるコツ

コンビニタバコの番号統一が難しい理由とスムーズな購入術

 

当サイトでは、コンビニのATMについても以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニATMについてのまとめ

コンビニATM利用でゴールデンウィーク中に注意すること2018

コンビニATMで通帳は使える?ネット銀行は安くて便利!

コンビニATMを無料で使える銀行が24時間利用可能!

コンビニATMのメンテナンス|時間帯や曜日、所要時間は?

コンビニATMの一部両替が便利!千円札GET!

コンビニATMで24時間ゆうちょは利用可能?

コンビニATMで24時間使える銀行|手数料でも比較

コンビニATMの利用時間|土日は使える?

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

 

当サイトでは、コンビニの新商品についても以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニ新商品2018年5月以降おすすめ

チロルチョコの新作は冷やし中華スイーツ|杏仁好きさん集まれ!

ポテリッチ香味チキンとごま油味が新発売!|コンビニ限定

フレーバーウォーターのコーヒー味?アサヒクリアラテを飲んでみた

SUNAOビスケットはヘルシーで美味しい!|コンビニ新商品

ハーゲンダッツ期間限定のマンゴープリンは高級ホテルの味わい!

コンビニ大盛ラーメン1位のでかまる新商品は生姜焼き風

お~いお茶 新緑をご紹介|かわいいボトルは鞄にすっきり収まる!

コーヒーのペットボトル新商品|ビーンズ&ロースターズをご紹介

堅あげポテトの新作|匠味三河の焼きのり味をご紹介

コンビニ新商品の販売期間は短く発売頻度は高い|その理由がこちら

コンビニ新商品、今週のおすすめを経営者が紹介!|4月24日発売

コンビニ新商品に過去と同じものが多い理由|発注者はここに注意

コンビニ新商品入れ替えは2週間|追加で買いたい時に取るべき行動

コンビニ新商品を経営者が解説|毎週火曜日に発売される!

 

当サイトでは、コンビニの切手についても以下のコンテンツをご紹介しています。

コンビニで切手購入|重さを量ってもらう為に知っておくべきこと

コンビニにある切手の種類はコレ!郵便料金はサイズと重量で決まる

コンビニで切手購入可の電子マネーはコレ! 裏事情を経営者が解説

コンビニの切手の買い方はたったこれだけ|はかりで確認、郵便料金

 

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

4 件のコメント

  • どうして、日本の政治家は、庶民が安いのに購入しているタバコや酒の税金を上げたりするのでしょうか?❓そりゃ、誰でもが買っているものを税金を50%以上含めて売れば、税収は上がるかもしれませんが、小市民の小さな楽しみを取り上げる事はモットモナンセンスだと思います😵

    • 松山様

      コメントありがとうございます。

      タバコ税については賛否両論ありますね。
      税収UPの他、禁煙者が増えることで医療費が抑えられるというのも増税のメリットとして言われます。
      また、外国と比べてタバコ税が安いので水準を合わせるべきという考え。
      生活必需品ではなく嗜好品なので、それを買える=経済力のある人に税金を負担してもらうという考え。
      未成年の喫煙防止の一環。
      このあたりが、タバコ増税の根幹ということです。

      ですが、同じ嗜好品の酒などと比べてもタバコだけが税金が高い。
      タバコだけが狙い撃ちのように増税される、ということで批判もありますね。

      タバコも一つの文化です。
      私は非喫煙者ですが
      昨今の風潮のように極端に嫌煙になるのもいかがかなと感じています。

  • どうやら今年もタバコが値上がるらしいですね。
    我々小市民が贅沢をしてる訳でもなく、他を切り詰めて
    飲酒や喫煙してるだけなのに。。

    その ささやかな楽しみを 大層な楽しみに しないでほしい

    • nakamura様

      コメントありがとうございます。
      じわじわと値段を上げられていくのが愛煙家の方には辛いところですね…。

      個人的には喫煙も文化の一つと考えています。
      なので、これを過剰に追い詰めていくのは
      人間社会の可能性を狭めることに繋がらないかなと心配になります。

      コンビニ売っているところはほぼないでしょうが
      喫煙コストの観点から刻みタバコも人気が高まっていると聞きました。
      キセルでふかすのでゴミが最小限とエコであり、満足感もあり、コストも安いということだそうです。
      手間はその分多いのがデメリットですが、これも一つの手段かもしれませんね。

      ただ、キセルをふかしていると目立つでしょうけど笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です