スポンサーリンク

タバコの値上げの対策って何かない?

値上げしなかったタバコはある?

値上げ後一番安いタバコって何?

2018年のタバコの値上げについて、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

コンビニのオーナーとしてお店を経営しております。

この記事では、タバコの値上げ後の値段について

・タバコ値上げは全国一斉

・値上げしていないタバコ紹介

・400円タバコがレギュラーでは一番安い

・一箱270円で買えるタバコもある

以上の内容でご紹介しています。

2018年10月の値上げ後のタバコの価格情報をお伝えしていきます。是非じっくりとご覧ください!

スポンサーリンク

タバコ値上げは全国一斉

タバコ値上げ対策
スポンサーリンク

2018年10月の値上げは大幅な値上げ

2018年10月、タバコが値上げされました。

ほとんどの銘柄を対象とした値上げがあるのは、2014年4月以来4年半ぶりです。

前回の値上げは消費税増税に伴う値上げなので、値上げ幅も10~20円でした。

が、今回の値上げは30~40円大幅な値上げになります。

タバコは全国どこでも同じ値段

タバコの値段は国に決められていて、販売店による値引き等は禁止されています。

コンビニでのタバコ購入時にポイントをもらう方法でも詳しく触れています。

タバコ屋、スーパー、コンビニ、自販機、どこで買っても同じ銘柄は同じ値段です。

値上げも10月1日に一斉に行われた

今回の値上げについても、販売店によって値段が異なるワケにはいきません

なので、2018年10月1日0時の時点で、日本の全ての販売店タバコは値上げされました。

夜間閉店している小売店では10月1日の開店時からですが

コンビニのように24時間営業のお店では、0時ぴったりから値上げ販売になります。

これ以降は、誰が何と言おうと値上げした値段での販売になり、融通は一切利きません

値上げしていないタバコ紹介

コンビニタバコフォルテお金

各社に値上げしていないタバコがある

実は今回の値上げで、値上げしなかったタバコがあります。

PM ラークスマートプラスシリーズ

これは19本入りという本数ですが、一箱390円を維持します。

主に1mgという低タール商品ですが、14mgもラインナップに入っています。

BAT ラッキーストライクエキスパートカットシリーズ

20本入りで一箱400円です。

6mg、10mg、14mgと幅広いタール数がラインナップされています。

JT 旧三級品

わかば、エコー、しんせい、ゴールデンバット。

元々安いタバコの代表格ですが、330円~360円という値段を維持します。

ただし、旧三級品は段階的な値上げの途上にあり、毎年4月に少しずつ値上がりしています。

値上げしなかったタバコ一覧

値段(一箱) 本数(一箱) 名称 タール数
390円 19本 ラークスマートプラス14mg 14mg
ラークスマートプラス1mg 1mg
ラークスマートプラスメンソール1mg 1mg
ラークスマートプラススプラッシュパープル1mg 1mg
400円 20本 ラッキーストライクエキスパートカット14 14mg
ラッキーストライクエキスパートカット10 10mg
ラッキーストライクエキスパートカット6 6mg
360円 20本 わかば 19mg
350円 エコー 15mg
350円 しんせい 15mg
330円 ゴールデンバット 15mg

上記の2018年10月に値上げしなかったタバコを一覧にまとめた表がこちらです。

その他の安いタバコについては、コンビニのタバコで安いのはこれ!銘柄紹介!でも詳しくご紹介しています。

興味のある方は是非ご覧ください。

400円タバコがレギュラーでは一番安い

ショートピースコンビニ高級品

レギュラーのタバコでは400円が一番安い

タバコには様々なパッケージがあります。

サイズや本数が小さいもの(10本入りなど)

旧三級品のようにタバコ葉が訳アリなもの

このような特殊なタバコを除き、20本入りの一般的なレギュラーサイズのタバコで考えると

2018年10月以降では400円が一番安いタバコとなっています。

400円タバコの銘柄一覧

コンビニタバコ安いエキスパートカット

コンビニタバコ安いキャメルライト

コンビニタバコ安いウェスト

レギュラータイプの400円タバコは3シリーズあります。

ラッキーストライクエキスパートカットシリーズ

キャメルライトシリーズ

ウェストシリーズ

 

一箱270円で買えるタバコもある

コンビニタバコ安いフォルテシリーズ

一番安い20本入りタバコ

レギュラータイプに限定せず、20本入りのタバコで一番安いものはこちら。

一箱270円のフォルテシリーズ

これが、20本入りタバコでは一番安いタバコです。

安い理由は区分とサイズ

フォルテが安い最大の理由は、区分が普通の紙巻きタバコではないからです。

リトルシガーと言い、葉巻という扱いのタバコとなっています。

これによってタバコ税が紙巻きタバコよりも少なく、販売価格が抑えられているのです。

また、サイズも小さめです。

フォルテはこれらの理由により、20本入りでは一番安い

270円という値段で販売されているワケです。

フォルテについてはコンビニタバコではフォルテが一番安い|一箱270円の理由とはでも詳しくご紹介しています。

 

当サイトでは、コンビニのタバコについて以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニのタバコについてのまとめ

400円タバコが一番安い?270円も?2018年値上げ後の値段

キャスターはこんなタバコ!人気の種類を販売実績からご紹介

女性向けタバコ銘柄にもリトルシガーという選択肢|ハーベスト

ショートピース手軽に買いたい|近所のコンビニに置いてもらう方法

コンビニのタバコの売上割合と直近の販売額も好調な理由

コンビニでのタバコ返品交換の可否はお店次第

コンビニタバコで10本入りを買うメリットは?種類は?

コンビニタバコの呼び方一覧

コンビニのタバコで弱い銘柄は女性におススメ!

コンビニのタバコ1ミリ人気銘柄|経営者ブログ

コンビニのタバコで安いのはこれ!コスパの面でも考察

コンビニタバコのエコーとわかばはどっちがお得?

コンビニタバコのわかばは値上げして美味しくなった!

コンビニタバコのフォルテとは?圧倒的安さは一見の価値あり!

コンビニでタバコの買い方にタスポは必要?役立つの?現場の声

コンビニでのタバコの買い方とお得に買う方法

コンビニでのタバコの入荷曜日や時間帯を経営者が紹介

コンビニで加熱式タバコアイコスを効率良く入手する方法

コンビニでタバコを買う時の年齢確認ボタンは強制ではない

コンビニタバコカートン買いは予約がおススメ

コンビニでタバコをカートン買いしてライターをもらう為にするべきこと

コンビニでのタバコ購入時にポイントをもらう方法

コンビニでタバコの番号が見えない時の注文方法と銘柄を覚えるコツ

コンビニタバコの番号統一が難しい理由とスムーズな購入術

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

スポンサーリンク