スポンサーリンク

コンビニで切手を買う時、重さは量ってもらえないの?

郵便局、コンビニの公式見解はどうなっているの?

 

コンビニでも切手が買えるので、郵便局よりも身近で便利ですよね!

でも、出したい郵便物に必要な切手の金額が分からないときもありますね。

切手の金額を調べるために重さを量ってもらいたい!

そこでコンビニに行ってお願いしてみたら、断られたことがある。

そんな経験はありませんか?

 

コンビニでの郵便物の重さ確認について、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

この記事では、コンビニでの重さの計測について

・コンビニが郵便局から委託されている業務内容

・本部の方針と郵便局からコンビニへの依頼

・重さを量ってから切手を買いに行きましょう

以上の内容でご紹介しています。

コンビニでの郵便物計量に関する事情を詳しくご紹介していきます。

是非最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

コンビニが郵便局から委託されている業務内容

コンビニ切手重さ
スポンサーリンク

切手やはがきの販売業務

 

切手やはがきの販売

これが、郵便局からコンビニが委託されている業務です。

郵便局の販売所の一つとして行う業務で、切手の販売のみを行っており、それ以外の郵便業務は郵便局での取り扱いになります。

郵便料金を決定するのはコンビニではない

 

切手の販売以外、その中でも郵便料金を決定するのは、当然ながら郵便局です。

郵便料金は郵便物のサイズと重によって決まっており、郵便物を郵便局に持ち込めば、それに応じて料金を計算してくれます。

コンビニのサービスでは重さは量れない

 

さて、この郵便局が決めている料金を知るために、重さを量りたいという要望です。

これをコンビニ店員がサービスで行うことはできません

重さを量り、料金がいくらです、と案内するのは、その郵便物の料金の決定とも言えるからです。

ただ、切手を販売している販売所として、郵便料金の設定をお知らせするのは当然のサービスですよね。

この郵便物の料金はいくらですと断定はできませんが、何センチのサイズで何グラムの重さなら料金はいくらに設定されています、という案内は可能ということです。

料金表は郵便局からコンビニにも配布されていて、基本的には各お店に用意されています。

コンビニにある切手の種類はコレ!郵便料金はサイズと重量で決まるにも載せていますので、今すぐ確認したいという方はこちらをどうぞ!

 

 

本部の方針と郵便局からコンビニへの依頼

コンビニ切手重さお断り

では、なぜコンビニでは重さを量れないのか?

こちらでは、その事情と理由をご説明していきます。

郵便局からコンビニへ量らないように依頼

 

昔はコンビニでも、切手販売に付帯するサービスとして、郵便物の重さを量るお店が多くありました。

しかし近年では、郵便局からコンビニに、お客様の郵便物の重さを量らないように依頼が来ているのです。

コンビニチェーン本部の方針

 

コンビニのチェーン本部でも、この郵便局からの依頼を受けて、重さの計量をお断りする方針をとっているところがほとんどです。

例えば、ローソンでは以下の文言を店頭やHPで掲出しています。

※関係法令等により、お客様の郵便物の計量・計測は認められておりません。お客様ご自身で確認いただくか、郵便局にお申し出いただくようお願いいたします。

この郵便局からの依頼と、それを受けたコンビニ本部の方針が、コンビニのお店で計量をお断りする理由です。

計量をお断りしはじめた背景

 

①コンビニで重さを量ってもらい、料金がいくらですと言われてその通りの切手を購入、ポストに投函した。

②郵便局で集荷した後の計量で切手の料金が不足していて郵便物が戻ってきた。

そんなトラブルが続いたのがお断りしはじめた理由と思われます。

お客様からすれば、切手を販売しているお店で計量してもらった料金通りの切手を貼っているので、間違いないと思いますからね。

でも、コンビニとしては委託されているのは切手販売業務のみなので、重さを量っているのは、サービスの一環、郵便業務の責任は郵便局。

このような認識の食い違いが背景にあるので、コンビニで計量をするのはトラブルの元ということになったのでしょう。

 

 

重さを量ってから切手を買いに行きましょう

コンビニ切手買い方量る

コンビニの備品のはかり

 

コンビニの備品のはかりは、各店舗が独自に用意していることも多いです。

はかり売りなどの商売で使用する場合のはかりは、検定を受けている必要があります。

逆に言えば、商売での使用ではない、作業で使用するために用意しているはかりは、必ずしも検定を受けているはかりでなくても良いということになります。

ほとんどのコンビニでははかり売りをしていないので、商売に使用するはかりではありません。

コンビニのはかりは、検定を受けているかどうかは分からないというワケですね。

セルフはかりが設置されている店舗もある

 

チェーン本部の方針

関係法令で認められていない

トラブルの元になる

以上の理由からコンビニでは、郵便物の重さは量ってもらえません。

郵便物の計量計測は郵便局でやってもらうか、自分で確認するの二択となります。

数あるコンビニの中には、この自分で確認するというのを店頭でできるようにしている店舗もあります。

つまり、はかりを設置してセルフで使えるようにしてあるという形ですね。

その場合でも郵便料金の確認は自己責任という点を理解したうえで使用するというのを念頭に置いておいてください。

とは言え、セルフのはかりがある店舗も少数派です。

切手を買う時には事前にサイズ・重さを量り、金額を確認してからコンビニへ行くというのが良いでしょう。

 

コンビニの切手については以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニにある切手の種類はコレ!郵便料金はサイズと重量で決まる

コンビニで切手購入可の電子マネーはコレ! 裏事情を経営者が解説

コンビニの切手の買い方はたったこれだけ|はかりで確認、郵便料金

 

当サイトでは、コンビニのATMについても以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニATMについてのまとめ

コンビニATMで通帳は使える?ネット銀行は安くて便利!

コンビニATMを無料で使える銀行が24時間利用可能!

コンビニATMのメンテナンス|時間帯や曜日、所要時間は?

コンビニATMの一部両替が便利!千円札GET!

コンビニATMで24時間ゆうちょは利用可能?

コンビニATMで24時間使える銀行|手数料でも比較

コンビニATMの利用時間|土日は使える?

 

当サイトでは、コンビニのタバコについても以下のコンテンツをご紹介しています。

コンビニのタバコについてのまとめ

ショートピースをコンビニで置いてもらおう!

コンビニのタバコの売上割合と直近の販売額も好調な理由

コンビニでのタバコ返品交換の可否はお店次第

コンビニタバコで10本入りを買うメリットは?種類は?

コンビニタバコの呼び方一覧

コンビニのタバコで弱い銘柄は女性におススメ!

コンビニのタバコ1ミリ人気銘柄|経営者ブログ

コンビニのタバコで安いのはこれ!コスパの面でも考察

コンビニタバコのエコーとわかばはどっちがお得?

コンビニタバコのわかばは値上げして美味しくなった!

コンビニタバコのフォルテとは?圧倒的安さは一見の価値あり!

コンビニでタバコの買い方にタスポは必要?役立つの?現場の声

コンビニでのタバコの買い方とお得に買う方法

コンビニでのタバコの入荷曜日や時間帯を経営者が紹介

コンビニで加熱式タバコアイコスを効率良く入手する方法

コンビニでタバコを買う時の年齢確認ボタンは強制ではない

コンビニタバコカートン買いは予約がおススメ

コンビニでタバコをカートン買いしてライターをもらう為にするべきこと

コンビニでのタバコ購入時にポイントをもらう方法

コンビニでタバコの番号が見えない時の注文方法と銘柄を覚えるコツ

コンビニタバコの番号統一が難しい理由とスムーズな購入術

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

スポンサーリンク