スポンサーリンク

コンビニバイト面接にはどんな服装で行けば良い?

高校生は制服で面接に行って良いの?

服装以外で注意することはある?

コンビニバイトの面接での服装について、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

コンビニオーナーとしてお店を経営しております、サイト管理人の木須と申します。

この記事では、コンビニバイト面接に臨む服装、身だしなみの注意点について

・バイト面接時の服装は気にしすぎなくてもOK

・服装と身だしなみの具体的な注意点

以上の内容でご紹介しています。

 

面接時に注意しておくポイントは、採用後の勤務に臨む身だしなみとしても大切になりますよ。

服装や身だしなみは自分だけで考えていると、客観的な判断が難しいと思います。

是非、こちらの記事を客観的な判断材料としてお役立てください^^

スポンサーリンク

バイト面接時の服装は気にしすぎなくてもOK

コンビニバイト面接服装
スポンサーリンク

だらしない印象でなければ問題なし

 

コンビニバイト面接では、服装をフォーマルにしすぎる必要はありません。

勤務時にもカジュアルな服装で働くことになりますので。

スーツなどで面接に行って悪いことはありませんが、大多数の応募者はカジュアルな服装で面接に行きます。

なので、面接官としてはスーツで来られた方が、若干面食らうくらいです笑

ただし、カジュアルな服装でもだらしない印象の服装はやめておきましょう

面接時の服装選びは採用後の勤務時を意識する

 

では、どのような基準で面接時の服装を決めるか

それは勤務する時の服装を意識するのが一番良いです。

コンビニのバイトではTシャツ、ジーンズ、スニーカーといった服装で勤務する方が多いです。

派手でなく、動きやすい服装と考えると良いでしょう。

実際にそのお店で働いているスタッフさんの服装をこっそり観察してみるのも参考になりますね。

 

ただ、ネクタイ着用をルールとしているお店もあるようです。

そのようなお店でも、面接時にネクタイをしていく必要はありません。

面接時に「勤務時にはネクタイ着用になります」という説明があるはずです。

高校生は制服が一番

 

高校生の場合、制服で面接に行くのが一番楽です。

学校の帰りにバイトするなら、面接の日時もそれに合わせて設定されるので

いちいち着替えなくても良いし、服装を選ぶ手間がかからないからです^^

採用後の勤務でも制服で勤務は可能ですが、女性の場合はスカートで勤務はできません

採用後は、別途ジーンズなどを用意する必要があるかと思います。

毎回持参するのか、お店で保管するのかというのは面接時に相談しましょう。

 

 

服装と身だしなみの具体的な注意点

コンビニバイト面接服装身だしなみ

服装で注意しておくべきポイント

 

派手でなく、動きやすい服装

これを守るうえで、具体的に避けておくべきポイントをご紹介します。

 

・シャツの丈や袖が長すぎる(制服を着た時にはみ出ないくらいを考える)

・短パン、ジャージ、ダメージ加工のパンツなど

・派手な原色の色(白、黒、紺、灰色などが好ましい)

・サンダル、草履、ヒールの高い靴

 

以上を避けておけば、普通の服装で問題ないと思います。

一例として、白か黒のTシャツにジーンズ、スニーカーのような服装が無難です。

寒い季節ならセーターやパーカーでも問題ありません。

 

仕事をしにいく為の面接なので、お洒落をする必要はありません。

派手でなく、動きやすく、ある程度汚れても良い

という仕事用の服装を用意すると、採用後もスムーズに勤務開始できて良いですね。

服装以外の身だしなみ

 

コンビニのアルバイトでは食品を取り扱いますので、清潔感が求められます。

服装以外でも身だしなみ気を付けておくポイントがありますので、ご紹介していきます。

実際の勤務時に求められる身だしなみなので、面接の時点で注意しておきましょう。

 

アクセサリーをつけない

ピアスやネックレス、指輪はつけないようにしましょう。

特に指輪は食品衛生上の問題もあります。

面接時から、これらはつけずに臨みましょう。

 

髪の色は自然色が良い

髪の色に関しては、それほど言われないお店もあるようですが、基本的には自然色が求められます。

また、伸ばし放題・ぼさぼさの髪の毛もよくありません。

その場合はきちんと散髪してから面接に行きましょう。

 

爪をきちんと切っておく

爪が長いのも食品衛生上良くありません。

面接の時点できちんと切ってから行くようにしましょう。

 

香水はつけない

匂いも、清潔感に与える影響が大きいポイントです。

美味しそうな揚げ物の匂いと、香水の匂いが相容れないのは想像できますよね?

面接時に香水の匂いがすると、採用担当者は不安になります

香水はつけずに面接に行きましょう。

 

髭を伸ばさない

男性の場合、髭が伸びているのも清潔感を損ないます。

面接前に綺麗に剃っておくのも忘れずに。

ファッションで伸ばしている場合も、お店のルールにひっかかる可能性があります。

面接で確認するか、事前に電話などで確認しておくとスムーズです。

 

化粧はナチュラルメイク、髪はくくる

女性の場合、化粧はナチュラルメイクで、派手にならないようにしましょう。

また、目安として肩にかかるくらいの長さの髪は、くくっておくようにしましょう。

 

 

以上、面接時の服装身だしなみについて、注意点をご紹介してきました。

最初にお話ししたように、気にしすぎる必要はないというのがお分かりいただけたのではないでしょうか?

仕事に行く服装というのを普通に考えれば、特に問題ない内容だったのではないかと思います^^

逆に言えば服装の段階であまりにも逸脱していると

最低限のことができていないとして、大きなマイナスポイントにもなり得ます。

自分だけで問題ないと判断せずに、客観的に問題ないか周りの人にも聞いてみましょう。

その確認にこちらの記事の内容を、少しでも役立てていただければ嬉しいです^^

 

コンビニのバイト面接については以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニバイト面接で服装はどうしたら良い?経営者が解説します

コンビニバイト面接の入り方|挨拶で差をつける方法を経営者が解説

コンビニバイト面接の質問の答え方と心構えを経営者が教えます

 

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧くださいね!

スポンサーリンク