スポンサーリンク

コンビニATMで24時間使えるのはどの銀行?

コンビニチェーンでの違いはある?

コンビニで使うにはどの銀行口座が一番便利?

コンビニATMの24時間利用について、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

この記事では、コンビニATMで24時間利用可能な銀行について

・コンビニATMの利用可能時間の仕組み

・24時間利用可能な金融機関一覧

・コンビニで利用するのに便利なのは新生銀行

以上の内容でご紹介しています。

普段使いの銀行口座をコンビニATMでお得に24時間利用できます!

是非最後までご覧ください^^

スポンサーリンク

 

コンビニATMの利用可能時間の仕組み

コンビニATM時間土日時間
スポンサーリンク

金融機関ごとに異なる

 

コンビニATMの利用時間は銀行によって違います

無数の金融機関がコンビニATMと提携しており、それぞれでサービスが異なるからです。

コンビニのATMは、各金融機関の共同出張所のようなもの、というイメージですね。

自分が持っている口座によって、コンビニATMを利用できる時間が異なるので

事前にそれを調べておくとスムーズに利用できます。

 

金融機関が主体で決められている利用時間

 

コンビニATMはコンビニに設置されていますが、上記の通り、多くの金融機関による共同出張所という性格です。

手数料を支払っているのは、コンビニに対してではなく、ATMの管理会社利用口座の金融機関へなんですね。

手数料利用時間各金融機関によって決められています

なので、同じ金融機関の口座なら、どのコンビニATMでも利用可能時間はほとんど同じなんです。

 

コンビニのチェーンによる差は『ほとんど』ない

 

上述の事情により、ATMの利用時間に関しては、どこのコンビニチェーンでもほとんど同じです。

ただ、『ほとんど』同じであって、完璧に同じではないのです…。

ごく一部ですが、ATMの種類によって利用時間に差がある金融機関があります。

差がある金融機関は少数ですし、その利用時間の差自体も20分程度だったりするので

それほど気にするほどではないと思います。

ということで、差は『ほとんど』ない、とお伝えした次第です。

 

24時間利用可能な金融機関一覧

コンビニATM24時間

ここからは24時間利用可能な金融機関をご紹介していきます!

利用可能サービスや、手数料についても併せてご覧ください。

 

毎月第二土曜日の夜~翌朝だけが休止となる銀行

 

三菱東京UFJ銀行

第二土曜日の21:00~7:00は休止

《利用可能サービス》
入金、出金、カード振込、残高照会

《手数料》
108円
平日8:45~18:00

216円
上記以外

※契約によって3回/月まで無料

 

りそな銀行

第二土曜日23:00~8:00は休止

《利用可能サービス》
入金、出金、カード振込、残高照会

《手数料》
108円
平日8:45~18:00

216円
上記以外

 

じぶん銀行

第二土曜日21:00~7:00は休止

《利用可能サービス》
入金、出金、残高照会

《手数料》
108円

※ステージに応じて月単位での無料回数あり

 

24時間利用可能な銀行ですが、一か月の中で第二土曜日の夜~翌朝だけが休止です。

休止中が滅多にないということで、逆に気付きにくいかもしれませんね。

夜コンビニにお金を下ろしに行って

「あれ?使えない…」

あー‼今日第二土曜か!」

みたいなことになるのが想像できます^^;

三菱東京UFJ銀行、りそな銀行はカード振込が利用できるのも特徴です。

 

月に何回か手数料が無料な銀行

 

住信SBIネット銀行

《利用可能サービス》
入金、出金、残高照会

《手数料》
108円

※ランクに応じて月単位での無料回数あり

 

ランクやステージに応じて月に数回無料で利用できるのがこの二行

じぶん銀行住信SBIネット銀行です。(じぶん銀行は第二土曜日休止の項目に挙げています)

ランク、ステージと呼称されていますが、これは預金残高や口座の利用状況によって上下します。

要するにヘビーユーザーを優遇しますよという仕組みですね。

ランクが高い人の方が無料回数が多くなり、どちらの銀行とも、最高位の場合は月あたり10回以上の利用が無料となります。

 

平均的なサービスの銀行

 

イオン銀行

《利用可能サービス》
入金、出金、残高照会

《手数料》
108円
平日8:45~18:00

216円
上記以外

 

イオン銀行はここで挙げた銀行の中では特に特徴がないというか、無個性な感じですね。

手数料の金額は三菱東京UFJ銀行やりそな銀行と同じ体系で、手数料の優遇制度はありません。

第二土曜日などの利用休止時間は特になし、という

手数料は216円と高めになっても、利用は月中いつでも24時間可能というのがイオン銀行です。

 

手数料無料(!)の銀行

 

新生銀行

《利用可能サービス》
入金、出金、残高照会

《手数料》
無料

 

なんとコンビニATMでの手数料無料という銀行が新生銀行です!

特に休止時間もなく、24時間利用可能で、しかも手数料無料

ここで挙げてきた銀行の中でも、特筆してお得な銀行と言えます。

 

《追記》

でしたが、2018年10月に新生銀行の手数料無料に条件が加わりました

詳しくは次項に追記しています。

 

コンビニで利用するのに便利なのは新生銀行

コンビニATM24時間コンビニ外観

24時間利用可能・手数料無料

 

24時間利用可能な銀行を見てきましたが、どこも108円~216円の手数料がかかるのが分かりました。

無料制度もありましたが、ユーザーの囲い込み施策としての条件付きで回数制限がありました。

また、同じ24時間利用可能でも、第二土曜日夜は休止という銀行もありました。

その中で唯一、月内で一回も休止がなく、手数料も無料というのが新生銀行でした。

 

新生銀行の手数料無料の条件

 

2018年10月から追加された手数料無料の条件についての追記です。

新生銀行も他のいくつかの銀行のように、ユーザーのランク制を採用しています。

新生銀行の場合ステージと言いますが、以下の3つのステージがあります。

スタンダード

ゴールド

プラチナ

この中で、スタンダードのユーザーは、ATMでの出金手数料が108円かかるように変更されました。

ちなみにゴールドになる条件には、一定額の積立を行うなどいくつかありますが

普通預金の金額で見ると、100万円以上の残高があるとゴールドになります。

これは月間平均残高が100万円必要ということで、要するに月末時点で100万円の残高が預金されている必要があります。

 

条件追加されても新生銀行の利便性は強い

 

スタンダードの場合は出金手数料108円がかかるようになりましたが

コンビニで普段使いするなら、他行と比べた新生銀行の利便性相変わらず高いです。

新生銀行を普段使いしてコンビニで24時間利用可能にし、手数料無料という大きなメリットを享受するために

ゴールド以上のステージになることがオススメです。

新生銀行を検討するときには、ゴールドステージの条件がクリアできるかをよく見てみるようにしましょう!

 

 

コンビニのATMについては以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニATMについてのまとめ

コンビニATM利用でゴールデンウィーク中に注意すること2018

コンビニATMで通帳は使える?ネット銀行は安くて便利!

コンビニATMを無料で使える銀行が24時間利用可能!

コンビニATMのメンテナンス|時間帯や曜日、所要時間は?

コンビニATMの一部両替が便利!千円札GET!

コンビニATMで24時間ゆうちょは利用可能?

コンビニATMの利用時間|土日は使える?

 

 

当サイトでは、コンビニのタバコについても以下のコンテンツをご紹介しています。

コンビニのタバコについてのまとめ

ショートピースをコンビニで置いてもらおう!

コンビニのタバコの売上割合と直近の販売額も好調な理由

コンビニでのタバコ返品交換の可否はお店次第

コンビニタバコで10本入りを買うメリットは?種類は?

コンビニタバコの呼び方一覧

コンビニのタバコで弱い銘柄は女性におススメ!

コンビニのタバコ1ミリ人気銘柄|経営者ブログ

コンビニのタバコで安いのはこれ!コスパの面でも考察

コンビニタバコのエコーとわかばはどっちがお得?

コンビニタバコのわかばは値上げして美味しくなった!

コンビニタバコのフォルテとは?圧倒的安さは一見の価値あり!

コンビニでタバコの買い方にタスポは必要?役立つの?現場の声

コンビニでのタバコの買い方とお得に買う方法

コンビニでのタバコの入荷曜日や時間帯を経営者が紹介

コンビニで加熱式タバコアイコスを効率良く入手する方法

コンビニでタバコを買う時の年齢確認ボタンは強制ではない

コンビニタバコカートン買いは予約がおススメ

コンビニでタバコをカートン買いしてライターをもらう為にするべきこと

コンビニでのタバコ購入時にポイントをもらう方法

コンビニでタバコの番号が見えない時の注文方法と銘柄を覚えるコツ

コンビニタバコの番号統一が難しい理由とスムーズな購入術

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

スポンサーリンク