土用の丑の日和菓子土用餅の由来・予約情報|わらび餅もおすすめ

土用の丑の日和菓子土用餅
スポンサーリンク

土用の丑の日の和菓子に種類はある?

土用餅ってどんなもの?

コンビニの土用の丑の日和菓子にはどんなものがある?

 

土用の丑の日の和菓子について、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

この記事では、土用の丑の日に食べられる和菓子について

・土用の丑の日和菓子の定番は土用餅

・夏の和菓子ならわらび餅!予約できるコンビニも

以上の内容でご紹介しています。

 

土用の丑の日に食べる和菓子について、定番の土用餅の由来、コンビニでの予約情報をまとめています。

また、土用におすすめの和菓子としてわらび餅について、予約できるコンビニをお伝えしていきますので、是非じっくりとご覧くださいね!

スポンサーリンク

土用の丑の日和菓子の定番は土用餅

土用の丑の日和菓子土用餅
スポンサーリンク

土用餅の起源・由来

 

土用餅の起源をたどると、宮中貴族の文化だったそうです。

ガガイモの葉を煮出した汁でもち米の粉を練って丸めた餅を味噌汁に入れたもの

これが元々の形のようで、土用の入りの日に暑気あたり防止のために食べる風習でした。

ただこれは古くから宮中で行われていたもので、これが庶民まで広まるのは江戸時代になってからです。

食べるものも庶民でも楽しみやすい形に変わり、餅を小豆餡で包んだ、いわゆるあんころ餅になりました。

餅は力もち(餅)に通じ、小豆には厄除けの意味があるので、あんころ餅を食べることで暑気払いして健康でいられると信じられました。

これを土用の入りの日に食べたことで、土用餅と言われるようになったんですね。

土用餅の文化は関西・北陸中心

 

近年は全国的に見かけるようになった土用餅ですが、元々は関西・北陸中心の文化のようですね。

なので、その他の地域の方は馴染みがない方も多いのではないでしょうか?

私も広島から九州の文化圏で暮らしてきましたので、コンビニで仕事し始める前は全く知りませんでした^^;

もし私の経歴が知りたいという奇特な方がいらっしゃったら、管理人プロフィールも是非見てみてください笑

コンビニでも土用餅の予約ができる

 

私が土用餅を知るきっかけともなったコンビニ予約ですが笑

土用の丑の日は、どのチェーンの予約でも必ず土用餅がラインナップされています。

全国どこでもお手軽に買えますので、土用の丑の日に土用餅を食べてみるのもいいですね^^

厄除け、暑気払いの縁起物として、ゲン担ぎ的なノリで楽しむのに丁度良いですよ!

これまで馴染みのなかった方こそ、土用の丑の日の過ごし方の一つとして、土用餅を取り入れてみてください!

6個入り400円前後と、お値段もお手頃ですしね^^

2018年コンビニの土用餅情報

 

各チェーンの土用餅の予約情報をまとめていきます。

うなぎの予約よりも早く締め切られるチェーンもあるので、土用餅の予約は早めにしておいた方が良いですね。

6個入り以外でも2個、3個入りなどの小分けされた単位でも販売されています。

単身でお住まいの方でも気軽に予約できる量ですね^^

 

セブンイレブン

予約締切 7月16日 24時まで

8個入り 440円

3個入り 130円

 

ファミリーマート

予約締切 7月13日 9時まで

6個入り 398円

4個入り 270円

 

ローソン

予約締切 7月9日 18時まで

6個入り 420円

2個入り 140円

 

ミニストップ

7月17日 24時まで

6個入り 380円

※価格は税込みで記載しています

 

夏の和菓子ならわらび餅!予約できるコンビニも

土用の丑の日和菓子わらび餅

土用に暑気払いをする意味

 

土用とは要するに季節の変わり目です。

体調を崩しやすいその時期にしっかり食べて夏バテしないようにしよう!

というのが土用の丑の日のコンセプトです。

縁起的には、丑の日にちなんだ「う」のつく食べ物土用餅のような由来のある物が良いとされています。

が、結局のところ夏バテしないように涼しく食べられるなら何でも良いのではないでしょうか^^

ちょっと暴論ですかね笑

夏の和菓子と言えば!わらび餅

 

土用の和菓子定番は土用餅ですが、夏の和菓子の定番ならやっぱりわらび餅でしょう!

7月の急激な暑さの中で、ひんやりと食べられるわらび餅は、土用の丑の日に食べるのも良いですね!

わらび餅の予約ができるコンビニ

 

2018年、主要なコンビニでは土用餅以外の和菓子を展開しているチェーンがありません

が、ポプラわらび餅を予約商材として取り扱っています!

一般的なわらび餅って、一口サイズのわらび餅がいっぱい入っているというのが普通ですよね。

ポプラのわらび餅はどーんとでかいわらび餅みたいです笑

表示されている容器サイズを見ると、8cmが一つ分みたいなので、だいたい直径7cmくらいでしょうか…。

土用の丑の日和菓子ポプラ

こんなのです。

約7cmのわらび餅3個入り600円で販売されています。

 

ちなみに、ポプラでは甘酒ジュレという和菓子?も販売していますね。

獺祭の酒粕使用と、有名な日本酒を原材料に使っているみたいですよ!

店舗数が少ないポプラですが、他と違う和菓子予約ができますよ^^

運良く(笑)近所にポプラがある方は是非行ってみてください!

 

 

土用の丑の日については、以下のコンテンツもご紹介しています。

土用の丑の日にうなぎ以外で食べる物をご紹介|当日の献立決定!

土用の丑の日和菓子土用餅の由来・予約情報|わらび餅もおすすめ

土用の丑の日、今年はいつかを知る方法|コンビニ予約締切も確認

土用の丑の日とは?うなぎの意味・コンビニ予約商材には何がある?

 

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年・ファミコン、東京ディズニーランド、東方仗助 と同じ年に生まれたの30代。九州地方の某コンビニオーナーです。 三人の子たちと妻と楽しくくらしながら、コンビニ情報を発信中!