コンビニのバレンタイン向けチョコの種類を経営者が紹介

コンビニバレンタインチョコ
スポンサーリンク

コンビニにも本格的なバレンタイン用のチョコレートはある?

面白いチョコで友達同士で盛り上がりたい!

いつも買える高級チョコはどんな種類がある?

 

2月14日はバレンタインデーですね!

一口にバレンタインと言っても、いろんな形がありますよね。

本命で渡す。友達への義理チョコ。職場や取引先へのギフト。女性同士での友チョコ。

相手や状況によって、どんな種類でどれくらいの価格帯のものを贈るか。迷いどころですね。

チョコレートの購入先として、専門店やネットショッピングなどを考える方も多いと思います。

一つの選択肢として、コンビニも結構アリですよ!

 

コンビニでのバレンタイン商品について、こちらの記事をご覧いただきありがとうございます。

サイト管理人の木須と申します。

この記事では、コンビニでのバレンタインギフトについて

・コンビニでも専門店のチョコレートが並ぶ

・廉価チョコメーカーもギフト向け商品を発売

・流通商品ながら贈答品としても通じる高品質チョコレート

・シャルロッテ キャラメルジュレショコラを買ってみた

以上の内容でご紹介しています。

バレンタインギフト選びの参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

コンビニでも専門店のチョコレートが並ぶ

コンビニバレンタインチョコ

スポンサーリンク

最近は、コンビニでも様々なシーンのバレンタインギフトに対応できるように品揃えされています。

チェーン同士の競争でもあるので、それぞれのチェーンが独自のギフトを用意しています。

まずは、その中でもよく見られるチョコレートのメーカーをご紹介します。

 

ホテルオークラ

ホテル御三家と呼ばれる一流ホテルのうちの一つです。

有名ホテルが作っているということで、安心と信頼がありますよね。

ホテルオークラのチョコレートは広く流通していて、バレンタインギフトとしては鉄板でしょう。

帝国ホテル

同じく、ホテル御三家の一つです。

定番的なギフトで、こちらもバレンタインギフトに喜ばれます。

 

モロゾフ

日本の老舗洋菓子メーカーです。

バレンタインに女性から男性へチョコレートを贈るという習慣を広めたのがモロゾフという説があります。

それだけに、バレンタインギフトとして定番のメーカーです。

 

アラカルト

バレンタインやホワイトデーなどの催事用に商品を企画、製造、輸入、販売している会社です。

ヨーロッパの中でもチョコレート文化が洗練されているベルギーチョコレートにこだわりを持っています。

 

価格帯は1000円前後

 

代表的なメーカーを4つ挙げてみましたが

この他にも、有名シェフ監修のオリジナルチョコレートなど

各チェーンがオリジナルで一押しのギフト商品を展開しています。

これらコンビニのバレンタイン商品は800円~1500円くらいの価格帯が多いです。

それ以上の金額の本格的なギフトはコンビニでは見られません。

 

3000円以上のクラスで本格的に本命を選びたいということなら、コンビニでは難しいです。

ですが、1000円前後で良い、職場などでの義理チョコであれば、コンビニでも十分良いものが手に入ります。

上記のような有名チョコメーカーが、知名度、品質ともに安心で良いでしょう。

コンビニでもこのようなギフト商品には専用の紙袋に入れてもらえるので、すぐに渡せる状態なのも嬉しいですね!

 

廉価チョコメーカーもギフト向け商品を発売

コンビニバレンタインチョコチロルバラエティ

チロルチョコ、ブラックサンダー

 

かつては10円チョコの代名詞的存在だったチロルチョコ

現在は22円と時代に合わせていますが、廉価チョコとしての存在感は今でも変わりません。

また、一世風靡の後すっかり定着していますが、廉価チョコの世界では新興勢力と言えるブラックサンダー

これらのような廉価チョコからもギフト向けのバレンタイン時期限定の商品が発売されます。

 

  • 価格帯は500円前後

例えばチロルチョコならバラエティボックス。(上の画像の商品です)

要するにチロルチョコの詰め合わせ商品なんですが

あのチロルチョコの形をそのまま大きくした箱にチロルチョコが詰め合わせで入っています。

このような感じで、パッケージや見せ方に楽しい工夫がされているのが廉価チョコのギフト向け商品の特徴です。

 

価格帯も500円前後とギフトにしてはやはり廉価チョコなので

軽めの義理チョコや、友達同士で楽しく贈り合うのにはちょうど良いでしょう。

 

 

流通商品ながら贈答品としても通じる高品質チョコレート

コンビニバレンタインチョコザチョコレート

自分へのご褒美需要

 

コンビニで買い物される方の需要の種類で

自分へのご褒美需要が、最近のコンビニでは着目されています。

安さ追求ではなく、少し高めの価格で、高品質な商品の需要を喚起しようという戦略です。

ここ数年のチョコレート業界では、明治ロッテがこの戦略で成功しています。

チョコレートは、明治♪

チョコレート~、ロッテ~♪

この文字を見ただけであのメロディが流れるくらい

明治とロッテはチョコレート販売メーカーの定番中の定番ですよね!

 

バレンタインにもピッタリ!

 

自分へのご褒美というくらいですから、チョコレートの質は高級志向です。

それなりにお値段もする商品なので

バレンタインで本命としては難しくても、義理チョコや友チョコなんかには十分使えるチョコレートです。

明治 ザチョコレートシリーズ

コンビニバレンタインチョコザチョコレート

 

2016年にヒットして話題となったチョコレートなのでご存知の方も多いかもしれません。

ザチョコレートシリーズは、コンビニでは定番商品として通年品揃えされています。

その特徴は以下の通り。

 

・徹底してこだわった原材料から製造

・お洒落で斬新なパッケージ

・高単価ながらコストパフォーマンスが良い

 

明治では昔から土壌がある文化なのだそうですが、『ビーントゥバー』

つまり、原材料のカカオの栽培から収穫、選別、製造まで一貫して関わるというこだわりです。

また、チョコレートのパッケージは横型のものが一般的ですが、このザチョコレートのパッケージは

更にクラフト調のシンプルでお洒落なパッケージが斬新で、しかも品質の高さをうまく表現しています。

このパッケージを利用して、スマホケースなどオリジナルの創作物を作る人もいるほどでした。

ビーントゥバーで徹底してこだわって作られたザチョコレートは、3枚入り:50gで税込237円(一部の種類は248円)

コンビニに並ぶチョコレートの中でも高価な部類です。

ですが、こだわりのザチョコレートの品質は実質1000円クラスのチョコレート並み!

237円という価格で買えるのはコスパが良いと言えるのです。

コンビニバレンタインチョコザチョコレート2

 

高品質でお洒落なパッケージ、コンビニチョコの中では高価なチョコ。

このような商品なので、バレンタインのギフトとしてもピッタリですね!

シリーズで8種類あるので、1セットまとめてギフトにするのも良いでしょう。

 

ロッテ シャルロッテ

コンビニバレンタインチョコシャルロッテシリーズ

明治のザチョコレートに対抗してなのか、2017年にロッテから登場した高級志向チョコレートがシャルロッテです。

コンセプトは【専門店のような味わいを、あなたの毎日に。】

シャルロッテには3つのシリーズがあります。

生チョコレート・ショコランタン・キャラメルジュレショコラ

 

一つずつ特徴を見ていきましょう。

 

生チョコレート

薄いチョコレートの中に生チョコが包まれているタイプです。

外側のチョコレートは薄さ1mmというのがウリです。

薄ーいチョコレートが口の中で破れると同時にトロッとした生チョコが溢れるので

すっと溶けていくような食感が味わえます。

 

・生クリーム、水分が10%以上と濃厚

・外側のチョコレートの薄さによりパリッとして、中の生チョコのとろける食感が際立つ

 

ショコランタン

チョコレートとアーモンドスカッチを融合させたチョコレートです。

ロッテからはショコランタンという商品が過去に発売されていますが

シャルロッテのショコランタンはこれを更に丁寧に仕上げたということです。

カリッとした食感を実現させるため、こちらも薄さにこだわっています

アーモンドの風味、カリッとした食感、キャラメルの甘さ、チョコレートの味わい

これだけたくさんの感覚が融合した一品となっています。

 

・かつて人気を博したショコランタンを更に丁寧な工程で製造

・薄くすることでカリッとした食感にこだわり

 

キャラメルジュレショコラ

チョコレートの中に、生チョコとキャラメルジュレが二層になっている構造です。

みずみずしいキャラメルジュレと生チョコがバランスよく合わさっています。

 

・生チョコとジュレがチョコに包まれている形状

・ジュレと生チョコとの配合バランスにこだわり

 

ロッテ独自の製造技術によって、手作りのようなこだわりのチョコレートが作られているんですね!

パッケージは街で愛されるチョコレート専門店【CHARLOTTE】をイメージしたパッケージとなっていて

それぞれ、商品によってストーリーが設定されています。

かわいらしくもお洒落なパッケージで飽きさせない工夫が見られますね。

 

価格帯は、生チョコレート288円ショコランタン204円キャラメルジュレショコラ288円。(税込です。)

 

こちらもコンビニチョコの中では高級志向です。

 

シャルロッテ キャラメルジュレショコラを買ってみた

コンビニバレンタインチョコシャルロッテ

ちょうど今週シャルロッテから、キャラメルジュレショコラが1アイテム新しく発売されました!

買ってみたので、軽くレビューしていきます。

パッケージのイメージ

 

この時期に発売されたということで、やはりバレンタイン向けになってますね。

【CHARLOTTE】の店内にはバレンタインチョコがギフトラッピングされて陳列されてます。

自分では気づけなかったんですが、2階の窓の鳩がハートを形づくっていました!芸が細かいですね^^

 

内蓋にはシャルロッテのコンセプト

コンビニバレンタインチョコシャルロッテ2

箱を開けると内蓋にもパッケージのイラストがあります。

その左側にはシャルロッテシリーズのコンセプトがメッセージとして書かれています。

 

少し疲れたときは、

大切な誰かにギフトを贈るような気持ちで、

ぜひこのチョコレートを自分に贈ってみてください。

みずみずしいキャラメルジュレと上品なあじわいで

気分が上がっていきますから。

専門店のようなあじわいを、あなたの毎日に。

どんなキモチにも、寄り添って。

 

Charlotte

 

まさに、自分へのご褒美需要を喚起させる商品ですね!

ただこうハッキリと自分に贈ってと書かれるとバレンタインに使いにくいような気が…(^-^;

9粒入りで高級チョコのようなデザイン

コンビニバレンタインチョコシャルロッテ3

フィルムを開けると、9つのチョコレートが現れます。

デザインは高級チョコのようですね!

上部にはバラやCとRをデザインしたシャルロッテのロゴ(?)が配されています。

チョコの中は、キャラメルジュレと生チョコが二層になっています

コンビニバレンタインチョコシャルロッテ4

パッケージにもイメージ写真がありますが、中はこのように二層になっています

このジュレと生チョコのバランスが、この商品の最大のこだわりです!

パッケージの説明によるとスパイシーなキャラメルジュレと書かれていました。

テイスティキャラメルジュレショコラを食べてみた感想

 

実際に食べてみた個人的感想です。

やはりお高いチョコだけあって美味しいですね!

一口かじると中のジュレと生チョコがあふれ出てきます。

最初の一口をカリッとかじると、後は口の中でとろけていく感じです。

味わいはスパイシーなと書かれていた通り

ジュレの部分のアクセントが全体を引き締めている感じです。

チョコレート一辺倒で甘くなりそうなところを、ピリッとしたキャラメルジュレの味わいで締めて、まとまりがあります。

総じて、流石の完成度だなーと感じました。

 

以上、コンビニで買えるバレンタインギフトの種類の紹介から

ロッテ シャルロッテの新商品のレビューまでご紹介してきました!

コンビニでも、バレンタインギフトに良い商品が並びます。

近所のコンビニで気軽に買えるのは便利ですね!

是非、実際にコンビニを覗いて、バレンタインの選択肢として検討してみてくださいね!

 

コンビニのバレンタインについては、以下のコンテンツもご紹介しています。

コンビニのバレンタインについてのまとめ

コンビニのバレンタインスイーツ2018を一挙紹介!

コンビニのバレンタイン商品はラッピングしてもらえる?

コンビニ向けバレンタインPOPを作ってみた

コンビニのバレンタイン半額処分は超オトク!

 

また当サイトでは、ひなまつりケーキについても、以下のコンテンツをご紹介しています。

コンビニのひなまつりケーキを当日に買うには

チロルチョコのひなまつり商品はコンビニで売っている?

コンビニひなまつりケーキ2018年のチェーン比較

 

少しでも興味のある内容があれば、是非ご覧ください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1983年・ファミコン、東京ディズニーランド、東方仗助 と同じ年に生まれたの30代。九州地方の某コンビニオーナーです。 三人の子たちと妻と楽しくくらしながら、コンビニ情報を発信中!